【コロナ対策】飲食店の三密は、どのように防いでいけば良いのか?

飲食店

こんにちは、アワフルです。

 

現在は、6月になり、

コロナによる緊急事態宣言が緩和してきましたが、

今後のアフターコロナ時代は、

より一層、三密対策を求められています。

 

わたしたちは、

厨房で床清掃の自動化をする機械を販売していますので、

食品関係のお客様のお役に立てるべく、

今回は、飲食店の三密対策に関してお話していこうと思います。

 

ちなみに、三密とは下記の3つです。

・密開

・密集

・密接

これらをどのように対策していけば良いのか?

詳しくお話していきたいと思います。

飲食店の三密は、どのように防いでいるのか?

窓を開けて、空気循環を良くすること

まずは、密開を防ぐ為に、空気の循環を良くすることです。

コロナが訪れてからというもの、

飲食店の窓が常に開いているお店がほとんどになりました。

 

その店舗の構図にもよりますが、

ドアを開けるか、窓を開けるか。

または、その両方を行う事で対策をすることが出来ます。

座席同士の間隔を離す

次に、座席同士の間隔を離す事です。

これは三密の中でも、密集の対策となります。

 

カウンターであれば、椅子同士をの間隔になりますし、

テーブル席であっても、同じようにテーブル同を離す事です。

 

また、テーブル席に2人が座る場合は、

斜め向かいに座ることで、対策が出来ます。

 

ほとんどの飲食店がこのような対策を打つからこそ、

その一方で、やらなければ悪目立ちしてしまう恐れもあります。

お互いに手の届かない距離を保つ

次に、密接の対策ですが、

密接とは、近くの人同士がお互いに手を伸ばした時に、

届いてしまう距離のことを指します。

 

距離にして2メートルほどなので、

実際に従業員同士が協力をし合って、

距離を正しく測る必要があります。

 

コロナ後に近づいている今でも、

三密対策の徹底は、叫ばれていることから、

多くのお客さんをお店に招くのは、難しい時代になるかもしれません。

 

となると、売り上げが落ちてしまう可能性が高いです。

その対策は、テイクアウトを開始することで、

カバーしているお店が多いです。

テイクアウト、デリバリーの導入を開始する。

テイクアウト、デリバリーにいち早くシフトしているお店は、

売り上げが落ちていても、

その減少率は他の飲食店に比べて低いです。

 

テイクアウトやデリバリーであれば、

お客さんをお店に招かなくても、売り上げを発生させることが出来ます。

 

また、デリバリーに関しては、

都内であればウーバーイーツを導入して、配送の外注化が可能になります。

 

関連記事として、

飲食店が営業中の床掃除に関しての記事を貼っておきます。

飲食店の営業中の床掃除を行う方法とは?

 

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

飲食店
厨房の床清掃を徹底的に効率化!| 自動泡洗浄システム「アワシャー」

コメント

タイトルとURLをコピーしました