飲食店で、食器洗浄機以外の「知られざる自動洗浄機」とは?

飲食店

今回は、飲食店で使う食器洗浄機以外の、

「知られざる自動洗浄機」とは?

という、タイトルでお話をしていきます。

 

今の時代は、

あらゆる業界で「自動化」を行うツールが導入されています。

「自動化」と聞くと、ロボットやシステム、自動運転など、

ITツールをイメージが多いかと思います。

 

しかし、飲食店や厨房でも、

自動化のツールが使われ始めています。

 

最初に思いつくのは、「食器洗浄機」ですよね。

それ以外は、思いつきますか?

この答えを追って書いていきます。

飲食店で、食器洗浄機以外の「知られざる自動洗浄機」とは?

この知られざる自動洗浄機ですが、

食器洗浄機は、食器に対してですが、

床に対する「床面自動泡洗浄機」というものが存在します。

 

下の画像の緑のスイッチを押すだけで、

下記の配管から、自動で泡や水が出るのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

商品名は、アワシャーです。

泡がシャーっと出る事からアワシャーです。

これ逆じゃなくて、本当の名前の由来なんですよね(笑)

 

先に潔くネタバレすると、自社商品なのですが、

この「床面自動泡洗浄機」を知った瞬間に、

 

こんな画期的な商品あるのかー!早く知りたかったー!

 

 

大きな声を上げて、驚く飲食関係者が非常に多いのです。

続けて、

自動化できるものって、食器洗いくらいしかないと思っていたよ。

床洗浄を自動化できるなんて、凄く良いじゃん!

と言われることが多いです。

このような反応を多くの人からもらえることから、

「知られざる洗浄機」というタイトルにしました。

飲食店に床洗浄機を導入する3つのメリット

飲食店に床洗浄機を導入することで、多くのメリットがあります。

床掃除の時間を、少しでも他の作業に回すことができる

まずは、今まで床掃除にかかっていた時間を他の作業に回す事ができます。

完全に自動化できるかどうかは、厨房の作りや床面によるのですが、

0から100まで全て手動での床掃除に比べると、

その一部を機械に任せる事で、時間配分が楽になります。

 

床の泡洗浄を自動で行いながら、

調理だったり、片付けだったりと、1人で2人分のような作業効率を得る事が出来ます。

バケツに水を汲む手間がなくなったー!

と喜んでくれている方もいます。

衛生厨房を保つ事で、衛生面のリスクを回避できる

次に、衛生厨房を保つ事で、衛生面のリスクを回避出来る事です。

衛生面のリスクとは、o-157の感染症だったり、

 

または、飲食店が臭う事で、

お客さんが離れてしまうという、リスクの回避も出来るのです。

 

 

せっかく食事が美味しくて、接客が良かったとしても、

衛生面だけで、お客さんが離れているのは、事実として結構あります。

なので、綺麗な厨房を保つだけで、同業他社よりも一歩前に出れるのです。

ゴキブリの発生確率を激減させる

3つ目の理由は、ゴキブリの発生確率を激減させることです。

スーパーのお客様で、アワシャーを導入したことにより、

ゴキブリを一切見なくなったと話してくれた方がいます。

 

仮にゴキブリが発生したとしても、アワシャー独自の深い泡で、

生命力の高いゴキブリでも窒息死させることができます。

 

ゴキブリの発生は、

かなりのスキャンダルとなってしまうので、

あらかじめ手を打っておくと安心できますね。

 

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

飲食店
厨房の床清掃を徹底的に効率化!| 自動泡洗浄システム「アワシャー」

コメント

タイトルとURLをコピーしました