【汚れが落ちる仕組み】を3つにまとめて解説してみた!

未分類

こんにちは、アワフルです。

今回は、汚れが落ちる仕組みについて、

3つにまとめて解説していこうと思います。

 

今回話す内容を理解することで、

日常の中で、洗濯をする際だったり、

床や部屋掃除のときに非常に役に立ちます。

【汚れが落ちる仕組み】を3つにまとめて解説してみた!

では、詳しく汚れが落ちる仕組みについて、

3つに絞ってまとめていきたいと思います。

動力を加えることで、汚れを剥がす事ができる

まず、1つ目は「動力」です。

具体的には、摩擦や水圧という動力が使われています。

3つの中でも、一番効果的なものが「動力」の力です。

 

洗濯機であれば、

回転運動による摩擦でしたり、

水圧での勢いによる動力が使われています。

 

手動で行う際も、

床の汚れはウエスで擦ったり、

食器の汚れは、スポンジでゴシゴシと擦っていますよね。

 

かなり強力なもので、汚れが落やすいメリットは大きいです。

その一方で、衣服やカーペットに関しては、

痛めてしまう可能性もあるので、注意が必要となります。

 

また、「界面活性剤」についても、

以前記事を書いたので、下記に貼っておきます。

界面活性剤とは、簡単に言うと何なのか?分かりやすく解説してみた!

温度を加えることで、汚れが浮かび上がる

次に、水洗いをする際に、

温度を加えることで、汚れが浮かびます。

 

洗剤をつけなかったとしても、

冷水で取れない汚れが、

熱湯だと落ちるなんてことが、実はかなりあります。

 

普段の食器洗いの際は、

あまり効果が実感できないかもしれませんが、

熱湯には、油や汚れを浮かび上がらせる効果があります。

 

わたしたちは、厨房への出入りが多く、

強い油汚れが、工具や衣服に付着することもあります。

 

バケツに熱湯を入れ、

その中に道具を入れてしまえば、驚くほど汚れが落ちて、

毎回感激です(笑)

つけ置き洗い「放置時間」で、汚れが落ちる

3つ目は、つけ置き洗い「放置時間」で汚れを落とす事ができます。

例えば、カレーライスを食べた後に、

そのまま放置していると、汚れを落とすのが大変になります。

 

しかし、その食器に水をつけておくと、

付着したカレーが柔らかくなり、汚れを落とすのが簡単になります。

 

このように、つけ置き洗いは、

汚れを柔らかくする効果があります。

 

1つ目の動力や、2つ目の熱は、

強力ではありますが、やりすぎると損傷を与えることがあります。

その一方で、つけ置き洗いは、

ダメージを与えることなく、汚れを落とせるメリットがあります。

 

弊社が販売をしている床面自動泡洗浄機「アワシャー」は、

特に、「つけ置き洗い」の効果によって、

自動で床面の汚れの定着を防ぐ仕組みを作りました。

 

アワシャーについては、

下記のリンクに詳細を貼っておきます。

床面自動泡洗浄機の「アワシャー」とは何?

まとめ

今回は、「汚れ落ちる仕組み」について、お話をしました。

この仕組みを理解していれば、

汚れを落とす際に、根本的な対策を思い浮かべる事が可能しょう。

 

ぜひ、みなさんの日常に活かして貰えればと思います。

では、今回は以上になります。

ありがとうございました。

未分類
厨房の床清掃を徹底的に効率化!| 自動泡洗浄システム「アワシャー」

コメント

タイトルとURLをコピーしました